正しく習慣を変えれば運命が変わる!老後も健康とお金の心配無用になる

シェアする

9046efff

私は長年健康寿命を延伸するための専門家として仕事をしてきた。

現代は生活習慣によって病気になっているので、生活習慣病と名付けられているのだ。

生活習慣が悪ければガンや心臓病、脳卒中、糖尿病、高脂血しょうなどなど事故やケガ、あるいは重篤な感染症以外ほとんどの病気は生活習慣が関係しているといわれているのである。

生活習慣とは何かというと、食事や睡眠,運動、考え方、姿勢、呼吸など毎日おこなっている

行動習慣である。そうなのだ。生活習慣は毎日行っている習慣になっている行いなのだ。

それの積み重ねで難病奇病にもなるわけだ。だから健康は生活習慣で決まるのである。

一方仕事や人生はというと成功者が必ずいっていることは、習慣の違いといっている。

成功するために正しく行動しているか、していないかで決まるのだといっているのである。

経営コンサルタントも、医学の専門家も知識があっても行動に変えられなければ経済的な

成功も、健康を手に入れることも出来ないのである。

いくら知識があっても知っているだけではゴミで、実践出来なければムダなのだ。

MBI博士号を持っている経営コンサルタントでも、実践し経験しなければ意味がないし、成果

も出せない。実際に糖尿病の専門医が自分が糖尿病になってしまいどうしたものかとわたしの

ところに相談に来られた医師がいたが、これも日常で実践してこなかったからだ。

成功者は成功するための行動をコツコツ実践し続けている結果うまくのである。

成功するための行動をしていなければあるいはうまくいかないことを繰り返し行動して

いればうまくいかないのである。

健康者は健康になるための行動を毎日実践している結果である。

不健康になることを毎日繰り返していれば病気になるのである。

日々の積み重ね、つまり習慣によって運命が変わるといっていいだろう。

そのぐらい毎日どのように過ごすかが重要だということだ。

しかし、成功するためには何をどうすればいいか。どのような行動を続ければいいのか?

本やセミナー、コンサルタントいろいろ方法はある。早いのは成功している人に聞くことであ

る。経営コンサルタントは経営の専門家として世の中に多くいるが、そのコンサルタント自身

があなたの望む成功経験、事業規模にした経験があるかどうかは重要ではないだろうか。

その経験があれば、どうしたらそうなれたのか、何をしたのかを知っているはずである。

成功者の本やセミナーの場合は、その中でなにが実行出来るか。行動を変えてみることで

習慣にすることである。

健康の場合はどうだろうか?健康番組、本、セミナーなどがあると思う。テレビでやっていた

ことをやってみたり、本で読んだことをやってみたりおそらくはやってみることはしているは

ずだ。いろんなところからの情報は反乱して面白いもの、珍しい普通じゃないものなどを求め

ているうちに何が正しいのかわからなくなっているのではないだろうか。

バランスのいい食事、適度な運動、ストレスをためない、質のいい睡眠、姿勢を気をつけるな

どなどいろいろあるが、大まかなことはわかっているし、それなりに気をつけているつもりで

はないだろうか。

それなのに、何故病人が増え続け,健康年齢は上がらないのだろうか?

病院で具体的にどうすればいいかおしえてくれるだろうか?テレビに出ている先生たちは、炭

水化物を取らないとダメという人と抜いて方がいいという人がいてどちらが正しいかわからな

いのである。運動しかり、その他についても故人の見解が違うのだ。

何故か?それは、個々によって健康の正しい具体的な方法が違うからである。

個々の違いとは体質や気質、ライフスタイルである。

ということは、誰に聞けば健康の正解がわかるかというと、現代医学の医師でも薬剤師でもヨ

ガやピラティスインストラクターでも栄養士でもなく、体質や気質、ライフスタイルの専門家

ということになる。

個々によって正しい健康に良い具体的な生活習慣がちがうのは、体質や気質が違うからである

のならそのことに精通している専門家しか伝えられないのはわかりますか?

もちろん、その上で食事栄養、ストレス対策、運動学、整体学、睡眠と寝具,体内時計につい

て精通していないといけないのだが。

ビジネスも健康も知っている人に聞いて学んだら、それを実行して習慣にした人だけがビジネ

スの成功と最後まで元気でピンピンコロリを手に入れることが出来るのである。

いずれにしても、実行までともなわないといけないということである。

習慣は運命を変えるということを本当につくづく思う。

ishikawayoshimitsu
石川善光 
統合自然医科学インテグラシー創始者
化粧品会社研究室に勤務後、肌は内蔵やホルモンなどカラダとのつながりに気づき、カラダ全体のつながりから診る医学の必要性を感じ渡英。英国王室御用達の自然療養施設で活躍。
以来30年以上にわたりアンチエイジング、健康、離薬対策を統合した統合自然医科学を創立した日本の自然療法界のパイオニアとしてしられている。
スポンサーリンク
336*280